一人暮らしをしたいのに親がOKしてくれないときの説得方法

YOTA82_gjdayo15111937_TP_V

一人暮らしを始めようと決心したのに、親に反対されて断念したという経験はありませんか?特に学生の方であれば、一人暮らしを反対される可能性は高いと思います。自分自身の成長に繋がり、生活の自由度が増えるという魅力がある一方で、親にとっては心配の要素が満載な一人暮らし。そんな反対に打ち勝つための上手な説得方法をご紹介します。

 親が一人暮らしを反対する理由

親を説得するためには、なぜ一人暮らしに反対しているのか?という点を知る必要があります。一般的に親が一人暮らしを快く思わない理由は以下の3つです。

経済的な負担が大きくなる

子どもが学生の場合、引っ越し代から家賃、生活費まで親が負担するという家庭がほとんどです。子どもが一人だけ別の世帯に移り住むということは、実家で暮らしている時に比べ、10万円以上の出費が発生します。さらに、大学や専門学校の学費だって安くはないでよう。親が経済的な理由から一人暮らしに渋い顔をするのは、当たり前のことと言えます。

安全面・健康面の問題

子どもが実家から離れてしまうと、体調を崩していないか?お金に困っていないか?など心配が尽きません。遠い場所に住んでいれば、すぐに駆けつけることもできないため親心から一人暮らしを反対する方もいるでしょう。

寂しいから

生まれてから当たり前のように一緒にいた子どもが実家を出ていくということは、子どもが自立する喜ばしいことであると同時に、親にとっては寂しいことです。また、「一人暮らしをしたらきっと子どもも寂しい思いをするだろう」という心配もあるようです。しかし、これから一人暮らしをしようと思っている本人にとっては、期待や希望のほうが寂しさに勝っているのが現実でしょう。

親の説得に使えるおすすめの言葉6選

b6a40424f7f07de5dc87f55f5ec54669_m

親の反対を押し切ってでも一人暮らしをしたい!という強い意志をお持ちの方におすすめの、説得に使える言葉を紹介します。

「親元を離れて自立したい」

親元を離れて自分で料理や洗濯を行うことは、大人になるための第一歩です。自立したい!と強く願う子どもに対して、非を唱えられる親は少ないのではないでしょうか。間違えても「自由に遊びたいから」などと言ってはいけません。

「自分でもお金を払う」

経済的負担を気にしている親に対して効果的な言葉。一人暮らしの費用を全額負担することは難しくても、学業の傍らアルバイトをして学費を稼いだり、家賃分だけは自分で支払うことは可能です。また、社会人になってから学費を返済していく奨学金のシステムを利用することにより、親の負担を軽減することができます。

「その土地でしかできないことがある」

地元ではできない経験や勉強をするという理由で一人暮らしの必要性を説くと、親も納得しやすくなります。たとえば、地元の大学にはない学科があるとか。役者の勉強をするためには東京に行く必要があるなど。

「頼れる人が近くにいる」

一人暮らしをしようと思っている場所に、親族や親しい友人が住んでいる場合は、その存在をアピールしておきましょう。病気で困った時や、一人で寂しくなった時に頼れる人が子どもの近くにいるという事実を知っていれば、親も安心して一人暮らしを見守ることができます。

「定期的に実家に帰る」

寂しさや不安感が大きい親を安心させるためには、定期的に実家に帰る約束をすることです。月末の休みや、学校の長期休みは必ず実家に帰るよ、と事前に伝えておきましょう。また、実家から一人暮らしをする場所までの具体的な行き方や、電車で○分かかるなどの情報を知らせることによって「こんなに簡単に会いに行けるんだ」と安心してもらうことができます。

「観光地としても魅力的」

どうせ一人暮らしをするならば、家族には前向きな気持ちで送り出してほしいものです。そこでおすすめなのが、親にもメリットがあることを伝える方法。遊びに来た時に、こんな魅力があるよ!ということを知ってもらいましょう。親がYESと言いやすい一人暮らし先は、北海道・沖縄・九州だそうです。理由は、分かりますよね。

自分の気持ちだけを押し付けないこと

0I9A355815032137nakuyo2_TP_V

親に納得してもらうためには、自分の気持ちばかりを押し付けては逆効果です。どうしても一人暮らしをしたいのに親に大反対されてしまったとしたら、躍起になって自分の希望を押し通そうと思うかもしれません。しかし、せっかくの門出を家出にしないためにも、一人暮らしの前に家族全員が納得し、気持ちよく送り出してくれるように準備しておきたいですね。

そのためには、直前になって両親を説得するよりも、半年~1年前には相談を持ちかけ、一人暮らしをすることの必要性や自分自身の希望についてじっくりと話し合っておくことをおすすめします。親には親なりの悩みや不安があるのだ、ということをきちんと受け止める気持ちを忘れないようにしましょう。

まとめ

一人暮らしを親に了承してもらうためのハードルの高さには個人差があります。家庭の経済状況や親の価値観、親子仲は人によって違うのですから当然のことです。まずは、一人暮らしをすることが自分の人生にとってなぜ必要なのか、ということを整理しておくと良いでしょう。

また、学生時代に親を説得できずに一人暮らしの夢が叶わなかったとしても、社会人になるタイミングで再びチャンスが訪れる可能性だってあります。自分も家族も納得してスタートできる一人暮らしを目指しましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です