うるさい隣人にどう注意する?一人暮らしの騒音トラブル対処法

girl-218706_1280

せっかく一人暮らしを始めたのに、隣人の騒音がうるさくて仕方がない!これでは、せっかくの楽しい一人暮らしが台無しです。

ですが、騒音トラブルというのはあなたが考えている以上に難しいもの。自分の感情のおもむくまま、むやみやたらに注意すればいいというわけではありません。そのような注意の仕方は、隣人の気分を損ねる可能性が高いのです。

お隣さんとの折り合いが悪くなると、アパートやマンションでの住み心地も悪くなります。理想的で素敵な物件に住めたとしても、毎日隣人にイライラしながら生活することになりますので、住み心地も最低になるでしょう。

それでは、大人らしくスマートに騒音トラブルに対処するにはどうしたらいいのでしょうか。

昼間の生活音には、神経質になりすぎないことも大事

woman-975339_1280

騒音にもいろいろなタイプのものがあります。

話し声、テレビや洗濯機、掃除機の音、足音、ペットの鳴き声など、生活するうえで気になる騒音はたくさん出てくるかもしれません。

ただし、昼の時間帯であれば生活音がするのは仕方がないことです。洗濯や掃除の音や、お友達が遊びに来ておしゃべりをしている声が聞こえてくることもあるでしょう。

それは、集合住宅に住むならば仕方のないこと。「昼間からウルサイ!」なんて神経質に振る舞うべきではないでしょう。

ですが、早朝から大声で話したり、深夜に大きな足音を立てて歩いたりするのは明らかに生活の邪魔になります。「眠りたいのに、眠ることができない」「静かに過ごしたいのに、うるさくて気が休まらない」という状況はもちろん、『騒音』に該当します。

また、子どもが走り回る音や楽器の演奏音などは特にうるさく感じるものです。そういった騒音は、その部屋に住む住人が周囲に迷惑がかからないよう対処すべきことでもあります。足音が響きにくいように床にマットを敷いたり、ヘッドフォンをつけて演奏を楽しんだりすればいいのです。

つまり、あちらに配慮を求めるべき件だとも言えます。

あまりにも目に余る場合には恥ずかしがらずに、クレームを入れるようにしましょう。

「壁ドン」「床ドン」は、解決法にはなりません

s-PAK93_kobushidekabedon20140322

それでは、うるさい隣人にはどう注意すべきなのでしょうか。

まず、一人暮らし初心者がやりがちなのが「壁や床を叩く」というものです。うるさいと感じた時に壁や床をドンドン叩き、相手に「うるさいぞ」と知らせるというやり方ですが、これはおすすめできません。相手をビックリさせてしまいますし、場合によっては反対に壁をドンドン叩かれて、お互いに壁を挟んで喧嘩になってしまうかも。

逆に「壁を叩くな!」と怒られてしまう可能性すらあります。これでは、より事態が深刻になってしまいます。また、壁をいくら叩いても騒音が続くのであれば、何の意味もありません。

ちなみに、壁に何かを投げつけたり、道具で叩いたりすると壁紙が傷むこともあります。そうなったら、退去時に敷金が返ってこないなんてこともあるかもしれません。振り上げたこぶしは下げ、まずはぐっと我慢しましょう。

直接対決も避けたほうがいい!

s-PAK_genkanharuyo15180202

もうひとつ初心者がやりがちなのが、相手の家を訪ねて、「静かにしてください」という対処法です。これもあまりいいやり方ではありません。直接注意をされることで、相手も「ああ、そんなにうるさかったんだな」と初めて理解して、素直に反省することもあるでしょう。

ですが、そう簡単にいかないのが騒音トラブルです。直接注意したことで逆ギレを招いてしまい、言い合いになってしまう可能性もあります。殴り合いに発展することも、ないとは言えません。相手と揉めないためには、直接対決は避けるべきです。もちろん、相手のポストにメモを入れたり、扉に貼り紙を張ったりするのも避けましょう。

あなたが男性で相手が女性だったとしても、同様です。近隣トラブルで事件に発展したケースもあるのですから「ちょっと文句を言ってやらなければ気が済まない」なんて思わずに、気持ちを落ち着かせましょう。

騒音トラブルは、大家や管理会社に間に入ってもらうのがベスト

s-PAK86_denwataiousuruboss20141123103458

それでは、どんな方法がベストなのでしょうか。ずばり、管理会社に相談して注意してもらうことをおすすめします。私が騒音トラブルに悩んでいた時にも、管理会社に相談をしました。その時に、担当者から「管理会社に相談してもらうのが一番望ましい」「イライラしても壁を叩いたり、直接話し合いに出かけるのはやめてほしい」と言われました。

なお、管理会社によってそこからの対応は異なりますが、該当する隣人に電話で注意してくれることもあれば、アパート全室に騒音注意のビラをまくこともあります。特に、どこから音が出ているのか特定できないような騒音の場合には、全ての部屋に注意が行くこともあります。

それでも騒音がやまなければ、また管理会社に連絡するしかありません。この時に、具体的に騒音を感じた日にちや時間帯などの提示を求められるかもしれませんので、騒音を感じたらメモを取っておくのもおすすめです。

事態がなかなか収束しないと感じることもあるかもしれませんが、穏便に物事を進めるためにも、人を挟むのが一番いいやり方です。

まとめ

もともと眠りが浅い方や騒音が気になりやすい人は、壁が厚い物件や防音がしっかり行き届いている物件などを選びましょう。そして、ある程度の騒音には耳栓などをして対策をしながら、限度を越えたら管理会社に連絡するようにすることをおすすめします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です