必要なのは小銭だけ!東京一人暮らしの休日エンジョイ術

エンジョイ1

東京で新生活を始めようという人たちは皆、何らかの夢や目的を持って上京しているのだと思います。東京で就職・進学が決まった。東京でしか叶えられない夢がある。東京という土地そのものに魅力を感じている。

などなど、抱えている事情は人それぞれでしょう。

しかし、ただひとつ共通していることがあります。それは『東京での一人暮らしは、お金がかかる』ということです。

……そんなこと、言われなくても誰でも知っていますね。

家賃から食物、ガス代などなど、地方と比べると本当に高いです。私も九州から出てきたときは、野菜の高さにとても驚きました。

そんな東京で、なるべくお金を使わずに休日を過ごす方法はないものか。最初に思い浮かぶのは、家に引きこもるという方法です。家にさえいれば、楽でお金もかかりません。

けれどせっかく東京に住んでいるのですから、ただ時間を潰すだけというのは非常にもったいないです。

東京での休日を有意義に、そして充実できる方法をご紹介いたします。

①無料で新宿の夜景を一望できる都庁展望台

エンジョイ2

東京のシンボルの一つといえる都庁。その45階に無料の展望台があることはご存じですか?

地上から約202メートル。東京タワー、スカイツリーなど見ることが出来、また12月から2月の間は、富士山が見える日もあるそうです。

私が行ったのは、平日の夜遅く。仕事で疲れて、気分転換したいと思ったのがきっかけでした。その時は人も少なく、自由に回ることができました。都会にいながら喧噪から離れて得た安らぎは、ここでしか手に入らないのではないかと思います。

東京タワーもスカイツリーも、素晴らしい眺めです。一度は行ってもらいたい素敵なスポットですが、人の多さとお高めの料金はちょっとハードルが高いかもしれません。

都庁展望台なら無料。しかも開室時間は9時から23時までで、新宿駅から歩いて行ける距離にあります。時間も立地も、社会人にとっても行きやすいスポットです。

東京都庁展望室:http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/page/tenbou.htm

※入室締切は開室時間30分前なのでご注意下さい。

②無料の漫画喫茶!?漫画も雑誌もタダで読める国会図書館

エンジョイ3

国内外のありとあらゆる書物が、無料で読める。あの絶版になった漫画も、人気の新作も、読み逃した雑誌も、何もかも。そんなことが出来るとは、東京に出てくるまでは知りませんでした。

全ての本好きの夢が叶う場所。それが国会図書館です。

国立国会図書館は、その名の通り国によって運営されている公共施設。これまで出版された出版物を収集し、保管する機関で、広く開かれた場所です。

蔵書はすべて持ち出し禁止。一般の図書館のように、本を家に持ち帰るということはできません。そして自分で本を探すのではなく、司書の方に依頼してお目当ての本を取ってきてもらうシステムです。

こう書くとちょっと面倒な図書館だと思われてしまうかもしれません。

けれど、出版された本のほとんどがあるという、日本随一の蔵書数。漫画も雑誌も、果てはDVDまで無料で見られるというのは、この国会図書館だけです。しかも、安くて美味しい食堂まであるという至れり尽くせりっぷり。

売店もあるので、一日いても足らないくらい充実した施設です。パソコンの持ち込みも可能ですので、フリーランスの人や持ち帰りの仕事をやりたい人にもオススメです。

国立国会図書館:http://www.ndl.go.jp/

③楽しく安く体力をつけられるスポーツイベント

エンジョイ4

東京には1300万人以上の人が住んでいます。その一人一人に趣味があるように、各地で多種多様なイベントが開かれています。

特にスポーツイベントはとても充実していて、専用のポータルサイトがあるほど。

RUNNET~日本最大級のランニングポータル~

ここではランニングの大会を紹介していて、詳細が分かりやすく掲載されています。さらに無料で会員登録を済ませれば、大会にエントリーすることも可能。

参加費は大会ごとに変わってきますが、ほとんどがジムに行くよりも安い額です。東京の爽やかな街並みを、気持ち良く体験できるイベントです。

RUNNET:http://runnet.jp/

ヨガジャーナル~スタジオ検索からイベント情報までヨガの総合サイト~

ヨガジャーナルには、ヨガにまつわる情報が盛りだくさん。知りたいことがたいていこのサイト一つで事足りてしまいます。

ヨガイベントの紹介ページでは、美活や癒やしなど女性なら気になるワードが並んでいます。お値段もリーズナブルなものが多いので、ちょっとヨガに興味があるという人は、足を運んでみて下さい。

筆者も、虎ノ門ヒルズで開催されていたヨガイベントに行ったことがあります。外でやるヨガは爽快で、とても楽しかったです。料金は無料。ヨガマットを持っていない方のために、500円で貸してくれるサービスもありました。

期間限定の催しでしたが、東京にはこのように盛り上がれるイベントがたくさんあります。
まずはお値段も手頃なビギナー向けのイベントから、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ヨガジャーナル:http://yogajo.jp/top/index.html

④ジムいらず!? 綺麗で使いやすい区立のプール

エンジョイ5

公共施設が充実しているというのが、東京の良いところです。田舎のプールだと、なかなか歴史を感じさせるものが多いのですが、これからご紹介する場所は違います。

墨田区総合体育館

錦糸町駅から徒歩3分。公園を抜けた先にある体育館です。

とにかく綺麗! 建て替えからまだ5年しか経っておらず、清潔で手入れも行き届いています。駅近で行きやすいのですが、そこまで混雑していないというのもメリットの一つです。

さらにシャワーだけでなくお風呂が設置されているという、ジム並みの設備。ロッカーも広いので、とても使いやすいです。

墨田区総合体育館:http://www.sumidacity-gym.com/

すみだスポーツ健康センター

お次も墨田区。ここは、何と公共では珍しいレジャー型のプールです。ウォータースライダーや流れるプールまである充実っぷり!

全面ガラス張りなので、ほどよく日光も入ってきて雰囲気も眺めも最高です。そして毎月25日はプール無料開放日! 入場から3時間も無料で使うことができるという太っ腹。

ただかなり人気なようで、混雑するというのが欠点。時間に余裕をもって行くのが良いでしょう。

すみだスポーツ健康センター:http://www.sumispo.com/

小岩アーバンプラザ

上の2つに比べるとちょっと見劣りしてしまうかもしれません。(というか墨田区の公共プールが凄すぎるのですが……)

プールがあるのは3階の最上階。ガラス張りで眺めも良いです。25メートルが6コース。もちろんシャワーも完備されています。水泳を楽しみたい人にとっては十分な設備です。

駅からしばらく歩かなくてはならないのが欠点ですが、このプールの最大の魅力は入場料の安さです。何と210円! しかも時間制限はありません。私は十枚綴りのチケットを買って、お得に利用しています。

小岩アーバンプラザ:http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/bunkachiiki/c_koiwa_urban/

⑤たくさんの動物を触れあえる!世界で一番安い江戸川区自然動物園

d8cfe738944f228be7f34a244416c92b_s

世界で一番安いとは、かなり強気な表現に聞こえるかもしれません。しかし、これは誇張でも偽りでもなく事実です。タダより安いものはありませんから。

入場料が無料だからといって、侮るなかれ。レッサーパンダにペンギン、リス、プレーリードッグなどなど。一般の動物園でも人気の動物たちがたくさんいるのです。

さらにふれあいコーナーまであり、そこではウサギやヤギ、ヒツジなどの可愛い動物たちに癒やされることができます。

そこまで広くないので回るのも楽。上野動物園の広さに足を痛めた私にはちょうど良い広さでした。

江戸川区自然動物園:http://edogawa-kankyozaidan.jp/zoo/

最後に

東京での一人暮らしはお金がかかる。

これはどうしようもない事実です。家賃も物価も、地方とは比べものになりません。

ですが節約のために家に引きこもるのは、やはりもったいないです。せっかく東京に住んでいるのですから、東京でできることを楽しむのが一番です。

今回ご紹介したように、東京にはお金をかけなくても遊べる施設やイベントがたくさんあります。私も東京に住んで5年が過ぎましたが、新しい発見のない日はありません。それは東京が常に成長し続ける街だからでしょう。

外に出て、さまざまなことを吸収して、東京での日々をよりよいものにしていきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です