毎日楽しく!男女のルームシェアを上手にするための注意点

N745_gya-minaide_TP_V

テレビドラマや映画の影響でルームシェアをするハードルが下がっています。ルームシェアがそれほど一般的でないときは男女でのルームシェアをする人は少なかったのですが、ルームシェアが特別でなくなってきたいま、男女のルームシェアも珍しくありません。

ただし安易に男女のルームシェアとすると、小さなことから思わぬトラブルになり、ルームシェアを続けていくことが難しくなったりします。ここでは男女のルームシェアを長く続けていくために気をつけたい注意点について紹介します。

親に理解してもらうこと

YO150301050I9A0869_TP_V
若い世代であれば男女のルームシェアと聞くと、興味津々に話を聞いてきたりしますが、年配の人になるとそうもいきません。40代以上の世代にとって、結婚を前提とした同棲でも理解を示してくれない人が大勢います。

そういう人たちに、恋人同士でもない男女が一つ屋根の下で暮らすということを理解してもらうことはとても大変です。

そういう声に惑わされないことが大切です。そのためには「無視する」か「納得行くまで説明をする」のどちらかになります。身近でない人の意見は無視するのが一番ですが、おそらく問題になってくるのは親です。

親に男女のルームシェアを理解してもらうことは、とても大きなエネルギーと長い時間が必要になります。それでも無視したり、黙っているわけにはいきません。時間をかけてでも親に理解をしてもらうことを男女のルームシェアのスタートしてください。

部屋での服装に気をつける

woman-506120_1280
ルームシェアは親しい間柄であっても、家族なわけではありませんので、ある程度のマナーは大切です。男女でルームシェアをするときにはとくに、部屋での服装はとくに気をつけておきたいポイントです。

恋愛感情がないとはいえ、女性に下着に近い姿で部屋をウロウロされると、どんな男性だってそわそわしてしまいます。最近は草食系男子が多いようですので、自分の場合は心配いらないと思い込んでいませんか?

もちろん男性もだらしのない格好は避けてください。自宅でくらい好きな格好でいたいかもしれませんが、他人と一緒に暮らすわけですから、節度ある服装を心がけてください。誰かと一緒に上手に暮らすためには、ほかの人に対する気遣いが大切です。

「男だから」「女だから」を言い訳にしない

argument-238529_1280
ときどき男と女というのは、まったく違う生きものなのではないかと思うことありませんか。男性特有のものごとの考え方や、女性特有のものごとの考え方というものがあります。男女のルームシェアを行うときは、この男女の違いを言い訳にしないことが大切です。

「男だから家事が苦手」「女だから荷物が多い」などなど、例を挙げるとキリがありません。

もちろん男女の違いというものはありますが、それを言い訳にすると公平感がなくなり、正しいコミュニケーションも取りにくくなります。同性同士ではこのようなことは起こりにくいのですが、男女が一緒に暮らすと「男だから」「女だから」という言い訳が増えがちです。

男女のルームシェアでも役割分担はできるだけ平等にして、ルームシェア前に生活のルール決めをきちんと行っておきましょう。男女の違いをなくして、フラットな関係を築くことが、男女のルームシェアを長く続けるためのポイントになります。

恋人ができたときの約束事を決めておく

lovers-414201_1280
まず、恋人ができたときに男女のルームシェアについて、どう説明するかというのが一番大きな悩みになるかと思います。どれだけきちんと説明しても、恋人が理解してくれるとは限りません。場合によってはルームシェアの解消も考えなくてはいけません。

男女のルームシェアを行うときは、ルームシェア前から恋人ができたときどうするか、ルール決めまでは必要ないものの、あらゆるシチュエーションを一緒に考えておくようにしましょう。「恋人なんて出来ないから大丈夫」なんて言葉くらい、あてにならないものはありません。

恋人ができたとき、シェアメイトに紹介するのか。恋人をルームシェアしている自分の部屋に連れて来てもいいのか。それくらいの約束事は決めておきましょう。もちろん約束事は時と場合により変化させてもいいので、暫定の約束事ということで「恋人ができたとき」について話しておきましょう。

シェアメイトのことを好きになったら

florence-1076151_1280
好きになんてならないと思っていても好きになってしまうのが恋愛です。最初は男女であることを意識せずに一緒に暮らしていても、時間とともに気になる存在になることもあります。そんなときはどう対応するべきなのでしょう。

これに対する正解は存在しませんが、選択肢としては「気持ちを隠し通す」か「気持ちを打ち明けるか」のどちらかしかありません。

好きになってしまったものは仕方ありません。そこは普通の恋愛と同じだと考えてください。気持ちを打ち明けた結果、ルームシェアを解消されるよりは、ただのシェアメイトでいいからそばに居たい。

でもそんな状態を何年も続けられますか?衝動的におかしな行動をとってしまう前に、はっきりさせておいたほうが、結果的にはいい関係を築けるのではないでしょうか。

まとめ

男女のルームシェアの成功・失敗は「男女の友情は成立するか」という質問に対するひとつの答えです。男女の友情は成立する人もいれば、成立しない人もいます。同じように男女のルームシェアが向いている人と向いていない人がいます。

男女のルームシェアを長く続けていくには、この恋愛感情について無視するわけにはいきません。そして男女の思考の違いも重要です。男女であっても、出来る限りお互いのフラットな関係を維持すること。そのための努力をすることを忘れないようにしてください。

その上で好きになったときは、悩んでいても仕方ありません。正直に告げ、今後の方向性を一緒に話し合うことをオススメします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です