一人暮らしでも飼いやすいおすすめのペット6選!

woman-857516_1280

一人暮らしを癒してくれる存在……それはペット。しかし、家に自分しかいないこともあり、ペットを飼う上で様々な制約があります。今回は、一人暮らしの人でも飼育しやすいペットについてご紹介します。

ネコ

HIRA85_burankettokuruma_TP_V

1か月にかかる飼育費用…6000円~10000円

飼いやすさ ★★☆☆☆

癒され度 ★★★★★

寿命 15年

癒しペットの王道、ネコ。書店に足を運べばネコ雑誌がたくさん売られているほど人気です。体が小さく、散歩をする必要もないため犬に比べれば一人暮らしでも飼育しやすい動物でしょう。

嬉しいポイントは人間になついてくれること。仕事から帰宅すると玄関で待っていてくれたり、寝るときに布団に入ってきてくれたり。コイツがいるから早く家に帰らなきゃ!!と思わせてくれる愛しい存在です。中には、ネコを飼っているからもう恋人はいらないとまで言っている人もいるほど。

注意点は、ツメ研ぎやマーキングによって部屋を汚す可能性があること。ペット可の物件であれば、大家さんがある程度理解してくれると思いますが、入居の時に修繕費用等についてきちんと確認しておきましょう。

うさぎ

SHI75_chikayoruusagi_TP_V (1)

1か月にかかる飼育費用…4000円~10000円

飼いやすさ ★★★☆☆

癒され度 ★★★★☆

寿命 7年

長い目とまん丸の目が可愛らしいウサギ。ペットショップで一目惚れしてしまう人も少なくないはずです。毛のケアや定期的に飲ませるサプリメントなどで意外と費用はかかりますが、犬や猫と同様に可愛がれば懐きますし、しつけをすればトイレも覚えます。

基本的にはケージの中で飼育し、定期的に外に出して運動をさせる必要があります。また、臆病な性格でもあるので慣れるまでは慎重に様子を見てあげるようにしましょう。飼い主に慣れ、機嫌が良くなると「ぶぅぶぅ」と鳴く可愛い姿を見ることができますよ。

インコ

SHI75_bakainko_TP_V

1か月にかかる飼育費用…2000円~4000円

飼いやすさ ★★★★☆

癒され度 ★★★☆☆

寿命 7年

鳥類の中でも比較的世話のしやすいインコは一人暮らしの人々にも人気の高いペットです。動きが面白く、見ていて飽きません。また、ヒナから飼い始めると非常に懐きます。(ただし、ヒナから飼育を始める場合は4時間おきのエサやりや、温度管理をする必要があります)

種類も、小型・中型・大型といろいろあるので、ペットショップの店員さんと相談して自分にぴったりの性格の子をお迎えすると良いでしょう。トレーニングをすると手乗りやおしゃべりを覚えてくれるところも嬉しいですね。

部屋の中で放す際は、薬やボタン電池などの誤飲がないように注意しましょう。また、リンゴの種やネギ、アボカドなど食べると中毒症状を引き起こすおそれがあるので、事前にしっかりと学びましょう。

ハムスター

hamster-690108_1280

1か月にかかる飼育費用…1000円~2000円

飼いやすさ ★★★★★

癒され度 ★★★★☆

寿命 3年

抜群の飼いやすさと可愛らしさで人気を集めているハムスター。一人暮らし向けのペットとしておすすめできる理由は、飼育費用が安く済むこと。そして、他のペットに比べて寿命が短いことです。転居や結婚などの理由から、飼っていたペットを手放さなくてはいけなくなる人は多いものです。人間の理由でペットを振り回してしまう可能性を考えると、3年という寿命は飼いやすい理由の1つとして挙げても良いでしょう。

懐くと手の上で餌を食べてくれます。また、ハムスターは夜行性のため帰宅が遅い人でも動いている姿を見ることができます。ただし、夜中に滑車を走る音が気になって眠れない……という方もいるので飼う前にハムスターの性質をよく考えて決定しましょう。繁殖力が高く、つがいで飼育すると高確率で赤ちゃんが生まれます。

熱帯魚

fish-936504_1280

1か月にかかる飼育費用…5000円~6000円

飼いやすさ ★★☆☆☆

癒され度 ★★★★☆

寿命 1年半~4年(種類によって異なる)

部屋に彩りを与えてくれるカラフルな熱帯魚。哺乳類のように触ることはできないけれど、見ているだけで心が癒されます。インテリアのような感覚で飼育を始める人もいますが、生き物なのできちんと世話をしなければいけません。

最初は水槽やヒーター、水温計などを用意する必要があるため2~3万円の費用がかかります。熱帯魚の飼育環境で最も大切なのは温度管理です。月々の電気代と餌代を合わせるとおよそ5000円程かかります。

意外と手間がかかるので一人暮らしの人に敬遠されるかと思いきや、一度飼うとハマってしまう人が多いようです。熱帯魚を飼育すると、部屋の中に小さな水族館があるような気分になれるのだとか。

リクガメ

turtle-506866_1280 (2)

1か月にかかる飼育費用…3000円~5000円

飼いやすさ ★★★☆☆

癒され度 ★★★☆☆

寿命 30年~50年(種類によって異なる)

最後に紹介するのは筆者も飼育しているリクガメ。水棲のリクガメよりも温厚な性格なので、基本的にのんびりしています。日が昇ると目覚め、日没と同時に眠ってしまう健康的な生き物です。また、エサは小松菜やチンゲン菜などの葉物野菜が中心なので、自分が料理をした余りを与えられるところも「共生している感じ」があって良いですね(笑)

必要なものは、リクガメが十分に動くことのできる水槽と、温度管理のためのヒーター、サーモスタットです。暖かい国の生き物なので、基本的に水槽内は30度前後の温度を保つ必要があります。

注意点は、寿命と大きさ。他のペットに比べてとても長生きなのです。下手をすると自分よりも長生きするかもしれません。30年後も飼育ができる覚悟がないと飼育が難しいかもしれません。また、亜種によっては1m以上に成長するものもいます。(筆者の家のギリシャリクガメは最大40cmになるそうです)

もうこれはペットというよりも、長年連れ添う予定の「家族」と考えたほうが良いでしょう。

 まとめ

いかがでしたか?ペットを飼うきっかけは「可愛い!」「癒されたい!」という気持ちによるものかもしれません。しかし、飼育をするということは命を扱うということ。動物も人間と同等の命があることを忘れてはいけません。

一人暮らしの場合は特に、ペットの世話をするのは自分一人です。旅行で家を空ける時にどうするか?次の引っ越しでも連れていけるか?等まで考慮して飼い始めることが大切です。

1人暮らしの生活の中に小さな家族が増えるということは、責任が伴う反面で与えられる癒しや喜びも大きいもの。飼いたい!と思ったら、まずはペットショップよりも書店へ行くことをおすすめします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です