一人暮らしの防犯対策!女性が一階を選んではいけない理由

full-moon-night-229632_960_720

女性が一人暮らしをするときに気をつけなくてはいけないこと。それは「防犯」についてです。賃貸物件を選ぶときに、最寄り駅から自宅までの道が明るいか、周辺の治安は悪くないのかなどを考える必要がありますが、もうひとつ重要になるのが「一階を選ばない」ということです。

アパートやマンションの一階だから発生するトラブルがあります。犯罪の対象として狙われやすいのが一人暮らしの女性。その中でも一階で暮らすことで発生するリスクをしっかり把握しましょう。ここではそのリスクについて紹介し、なぜ女性が一階を選んではいけないのかを説明します。

一階のベランダは防犯対策を行いにくい

potted-plant-99359_960_720

アパートの一階はベランダというより、そこはオープンになった敷地です。それどころか通りに面していることさえあります。そんなベランダはアパートの住民以外でも簡単に出入りができてしまいます。これを防ぐことは物理的に不可能です。あきらかに不審な人であれば通報することもできますが修理業者のような姿をされた場合は手の打ちようがありません。

マンションであっても一階は決して安全ではありません。簡単に乗り越えられる壁がひとつあるだけですから。乗り越えてしまうと今度はその壁が目隠しになって犯罪者を外部から見えなくしてしまいます。ベランダに潜んで鍵が空いた瞬間に室内に侵入することが可能になります。

古いアパートで洗濯機を室内に置けないタイプの物件の場合、女性は絶対に一階を選ばないようにしましょう。最初は警戒していても、長く暮らすようになると洗濯時に無防備な格好で外に出ることになりますので非常に危険です。

一階は侵入しやすいだけでなく、逃げやすいという面も犯罪者にとって有利に働きます。実際に犯罪が起きたかどうかではなく、一階はそれだけですでに犯罪が起きやすい物件だという認識を持ってください。

女性が暮らしていることが特定されやすい

laundry-963150_960_720

洗濯物を外に出さないというような工夫をしていても、そこに女性が暮らしているということを特定するのはそれほど難しいことではありません。二階より上を眺めて歩くのは不自然ですが一階のベランダであれば不審がられることなく自然と視界に入れることができます。

カーテンの色や女性らいしい製品が目に入るだけで女性が暮らしている部屋の候補とされ、あとは部屋からの出入りを見つかってしまうと女性が暮らしていることがはっきりわかります。直接部屋に入ったのを見られなくても、帰宅後に灯りがつくだけでも部屋の特定をされてしまいます。

空き巣などの犯罪は男性の部屋よりも女性の部屋で発生しやすいというデータがあります。そうして特定した女性の部屋を狙って犯罪を行うのが犯罪者の手口です。女性らしい物を徹底的に排除することで犯罪の可能性は避けられますが、それよりも二階以上に暮らすほうがよっぽど安心できます。

部屋の窓やカーテンを開けることができない

window-grilles-944458_960_720

ものすごく天気のいい休日、窓を全開にして空気の入れ替えをしたくなりますよね。でも一階の部屋では窓をあけることはおろか、カーテンを開けることもできません。雨戸が閉じていれば灯りが漏れることもないので、人によっては雨戸すら開けないように気を使っています。

せっかくの一人暮らしで開放的になりたいのに部屋の中はいつも真っ暗だなんて精神的にもよくないですよね。これが上層階になるだけで多少の窓の開け閉めが可能になります。同じ家賃を払っていながらこの差はあまりにも大きすぎます。

もちろん上層階でも防犯対策を行う必要がありますが、気の遣い方が一階とそれ以外の階であまりにも違い過ぎます。天気のいい日に窓をあけることのできるゆとりのある快適な生活を望むのであれば確実に二階以上の部屋を選んでください。

居留守を使いづらい

key-182922_960_720

アパートやマンションには不要なセールスが来ることが時々あります。セールスのふりをした犯罪者も潜んでいます。必要以上に玄関に出ないことが防犯の基本になります。身に覚えがないインターホンには出ないなどの対策が必要になるのですが、一階の場合はすでに人の気配を感じられている可能性があります。

在宅しているのがバレてしまった結果、必要な物を無理に買わされることもありますし、それだけでなく強引に部屋に上がられるようなこともあります。かといって息を潜めるように暮らすのも嫌ですよね。もしどうしても訪問者を迎えるときは必ずドアのチェーンロックを使用して対応してください。

あなたの性格が「はっきりと断れる」タイプでない限り二階以上に部屋を借りたほうが間違いなく安全です。できることならオートロックの物件を選びましょう。セキュリティという意味ではオートロックに大した意味はありませんが、不意の訪問者を避けることは可能です。

まとめ

女性の一人暮らしで一階を選ぶことは百害あって一利なしです。憧れのオシャレな物件であっても一階という選択肢は避けてください。友人が「大丈夫、これまで一度も怖い思いしたことない」と言われても、それはたまたま安全だっただけです。

犯罪は交通事故のようなものでどれだけ予防をしたところで防ぎきれないものがあります。それでも安全運転を心がけるのとそうでないのとでは明らかに事故にあう可能性が低くなります。防犯も可能な限り対策が必要です。

犯罪に巻き込まれないためにも女性はよほどの事情がない限り、一階を選ばずに二階以上で暮らすようにしてください。家賃が少し高くなることもありますが、お金で安全を買えるなら買っておきましょう。少しの出費をケチったことで犯罪にあうのは賢い選択とは言えません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です