ぐっすり眠ろう!一人暮らしに最適なベッドの選び方

bedroom-690129_1280

眠りは生活の中においてとても重要な時間になります。快適な眠りなくして健康な毎日は過ごせませんし、女性にとって気になるお肌のメンテナンスもしっかりとした眠りがあってこそ。そんな重要な眠りを支えるのがベッドですが、ベッド選びをなんとなく感覚で決めていませんか?

1日のうちの1/4の時間を過ごすベッドは、選ぶ段階から検討に検討を重ねて決めましょう。自分にぴったりなベッドの選び方を紹介しますので、ぜひ参考にして最高のベッドを手に入れましょう。

一人暮らしにぴったりのベッドサイズの選び方

room-1334323_1280

まずはベッドのサイズについて見ていきましょう。大きければ大きいほど快適さは増しますが、そのぶん、部屋が狭くなってしまいます。一人暮らしの部屋の大きさも考えたベッドのサイズの選び方を紹介します。

ベッドサイズの種類

ベッドサイズを検討する前に、一人暮らしのベッドのサイズにはどのようなサイズがあるのか見ていきましょう。

セミシングル:80〜85cm
シングル:97〜100cm
セミダブル:120cm
ダブル:140〜145cm

基本的な長さは195cmになりますが、身長が高い人のためのロングサイズ(205cm)、160cm以下の女性のためのコンパクトサイズ(180cm)もあります。

体の大きさにあわせた最適なベッドサイズ

最適なベッドサイズは下記の計算から求めてください。

最適なベッドサイズ = 肩幅 + 30cm

肩幅が60cmの人が狭いと感じない最適なベッドサイズは90cmとなり、シングルベッドで十分だということになります。ただし、これは狭さを感じない最適なサイズですので、寝相が悪い人や夜中に何度も寝返りをうつ人は、ワンサイズ上のサイズのベッドを選びましょう。

それともうひとつ大切なのが、「2人で寝ることになるかもしれない」そんな人もワンサイズ上のベッドをおすすめします。一人暮らしでも恋人が頻繁に泊まりにくるような場合でも、二人が余裕を持って眠れる。そんなことも想定しておきましょう。

狭い部屋におすすめのベッド

ベッドサイズは小さくていいから、とにかく狭い部屋をこれ以上窮屈にさせたいくない。そんな狭い部屋で一人暮らしをしている人にぴったりなベッドを紹介します。

ソファーベッド

121019001
出典:ニトリ

部屋が狭いなら、座る場所と寝る場所を一緒にしてしまえばいい。そんな考えで生まれたのがソファーベッドです。

ソファーベッドの選び方のポイントとしては、寝ることを重視したソファーベッドを選ぶということです。ソファーベッドはソファーであることを重視して、お客さんが来たときにベッドになるタイプと、ベッドであることを重視してソファーにもなるタイプがあります。

一人暮らしの眠りを快適にするのは、もちろん後者です。

またソファーベッドはソファーとして使っているときに、掛け布団をどこかに収納しなくてはいけないということも頭に入れておきましょう。

折りたたみベッド

202007801
出典:ニトリ

折りたたみベッドは、使用していないときに部屋の隅に片付けておけるというメリットがあります。湿気に強く、掃除をするときに移動することもできるため、ベットの下にホコリが溜まることもありません。

ただし安定性には欠けるのと、マットレスが合わないときに交換できないというデメリットもあります。折りたたみベッドを買った人が後悔しやすいポイントがマットレスですので、できるだけお店で寝心地を確認してから購入するようにしましょう。

ロフトベッド

202053001
出典:ニトリ

部屋が狭くてベッドを置くスペースもないようなときがあります。そんなときに有効なのがロフトベッドです。平面に置けないなら空間においてしまえばいいんです。

ロフトベッドの下にデスクを置いてもいいですし、ソファーを置くのもいいかもしれません。狭い部屋にあれもこれも置きたい人におすすめです。

デメリットは飲んで帰ったあとにロフトベッドまで上がるのがめんどくさくなること。あとは恋人と一緒に寝るにはかなり不向きです。最近はハシゴではなく階段付きのロフトベッドもありますので、ロフトベッドを選ぶときには上りやすさも含めて検討してみましょう。

脚付きマットレスベッド

201008701
出典:ニトリ

部屋が狭いなら、サイズを一回り小さくできる脚付きマットレスもおすすめです。まず見た目がシンプルですので、違和感なくソファー代わりに使うことができます。足の部分が空間になりますので、ベッドの下を収納スペースとして活用することもできます。

脚付きマットレスベッドの弱点は寿命が短いということです。マットレスがヘタってしまうと、本体ごと交換するしかなくなるためです。

マットレスの寿命は5〜10年と言われています。使う人の体重にもよりますが、脚付きマットレスベッドは10年をめどに買い換えるようにしましょう。

まとめ

一人暮らしのベッド選びは睡眠の快適さを優先させるか、部屋を広く使うかのどちらかの選択を迫られます。快適な睡眠のために大きなベッドを買う場合は、部屋のスペースを大きく奪われますし、部屋を広く使いたい場合はベッドになんらかの不便を感じることになります。

ベッド選びをするときは「快適な睡眠」と「部屋を広く使う」のいずれかを、まず決めるようにしましょう。あとは実際に実物で寝心地を試すことも忘れないようにしてください。

ネットショップで、安かったからという理由で買ってしまうと、後悔する可能性もありますので、必ず実物を試してから購入してくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です