知っておこう!オール電化賃貸物件のメリット・デメリット

kitchen-728727_960_720

最近の新築アパートやマンションはオール電化の物件が増えています。ちょっとした未来の先取りみたいで嬉しくなりますが、本当にオール電化の物件でよいのか実はきちんと見極める必要があります。特にこれまでガスを使ってきた人たちは思わぬ出費になりかねません。

引越し後に「しまった」ということにはならないためにも、オール電化の物件を検討する前にまずはオール電化のメリットとデメリットについて学びましょう。

メリットもデメリットもある電気代

electric-1080585_960_720

オール電化にしたら光熱費が上がったという人と光熱費が下がったという人がいます。どちらが正しいのか悩んでしまいますよね。実はどちらも正しいというのが正解です。オール電化物件の電気代はライフスタイルに大きく影響を受けるようにできています。

オール電化の物件は電気代の安い夜中の電気を効率良く使うことで電気代を下げています。逆に日中に電気を使うと電気代が大幅に上がってしまう契約になっているのです。日中は仕事でほとんど家にいない人は光熱費が下がるのですが、ずっと家で作業をしている人はオール電化の物件での光熱費は上がってしまいます。

あなたのライフスタイルを考えて、オール電化の賃貸物件を検討してください。もちろん日中ずっと家にいる人でもオール電化の賃貸物件を選んでもいいのです。日中の電気代が上がることを認識してエアコン等の使用を控えるだけで対策は可能です。

オール電化賃貸物件のメリット

light-bulb-633701_960_720

電気代にはメリットもデメリットもことはわかってもらえたと想います。ここでは電気代以外でのオール電化賃貸物件のメリットについて紹介してきます。

ガス代がゼロになります

あたり前ですね。これまでガスで使っていたものをすべて電気に置き換えるのがオール電化ということですから、ガス代が不要になります。この恩恵を強く受けるのがこれまで値段の高いプロパンガスを使用していた人たちです。

火災が起こりにくい

家の中に火がないわけですから、非常に火災が起こりにくくなります。火災の原因の1位は寝タバコですが、2位はガスコンロです。コンセントなどからの発火もあるので、絶対に火災にならないわけではありませんが、火がないということは安全面から考えて非常にプラスになります。

災害時の復旧の早さ

電気はライフラインの中でも最も早く復旧します。ガスは途中の配管がダメになっている場合、大規模な工事をする必要があり復旧までに時間がかかります。実際に東日本大震災の後も電気が一番早くに復旧しています。

手入れが楽

IHクッキングヒーターは火を使わないためとても汚れにくくなっています。しかも構造がフラットなので拭くだけでキレイになります。ガスコンロのように手間をかけて手入れをする必要がないため火事がとても楽になります。

空気が汚れない

ガスコンロを使用すると燃焼をさせるためどうしても排ガスが出て空気が汚れてしまいます。IHクッキングヒーターは換気の必要もありません。

電気代以外のオール電化賃貸物件のデメリット

8aaca14b6858694173e5f5ce1462b499_m

オール電化賃貸物件が非常に優秀なことを理解してもらえたと思いますが、オール電化賃貸物件が普及していないのにはやはりデメリットもあるからなのです。そのデメリットについて紹介していきます。

停電時に困る

オール電化の最大の弱点は「電気が止まるとなにもできなくなる」ことです。災害時のライフラインの復旧は早いのですが、東日本大震災のあとの計画停電などがあったときに料理もできなくなってしまいます。カセットコンロを用意するなどの対策が必要になります。

調理器具を選ぶ

IHクッキングヒーターで使う調理器具は何でも使えるわけではありません。簡単にいえば磁石がくっつく調理器具でなければ使えないため「IH対応」の調理器具を用意します。これまで使っていた調理器具が使えなくなる可能性が高く、どのときは買い替えしなくてはいけません。

IHクッキングヒーターの電磁波が危険?

IHクッキングヒーターは電磁波を使って調理するのですがその電磁波が人体に危険なのではないかと言われています。実際に危険なのかは不明ですが電磁波の影響を気にする人はオール電化の賃貸物件は避けたほうが精神的にもよいかでしょう。

炒飯を美味しく作れない

冗談のようなデメリットですが、料理好きにしてみると実は大きなデメリットなのが火力の問題です。オール電化の賃貸物件のうち単身者向けのIHクッキングヒーターの火力は驚くほど弱いものです。しかもIHクッキングヒーターは鍋を振って使用することができません。

自炊はしないという人にはデメリットにはなりませんが、炒飯にかぎらず、火力が必要な料理はできなくはないけど、残念な仕上がりになるということを覚えておきましょう。

まとめ

オール電化の賃貸物件とガスを併用する賃貸物件は一長一短です。どちらを選んだほうがお得ということはありません。そのメリットとデメリットについて正しく把握し、自分のライフスタイルに合った物件を選びましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です